大阪梅田の評判の良いAGA・薄毛治療クリニックはココ!

AGA注射は副作用が心配?比較注意点を現場経験者が解説

2019/01/17

男性型脱毛症治療方法尾つぃて注目が集まる毛髪再生治療。

大阪梅田エリアでもヘアメソセラピー、ハーグ療法など各クリニックによりさまざまな治療方法の選択肢がある。

有効成分などの配合やジェネリック医薬品の取り扱いを含めていろいろな比較検討が大切になっていく。

しかし、患者様はほとんどが生え際、頭頂部、後頭部、側頭部などの自分の気になる患部の状態を見て不安を感じることしかない。

あくまで知識がまったくない状態でネットで確認しながら、少しでも効果が出る方法を探している。

その中には、副作用という不安が含まれていることも比較的多い。

では実際に治療を受けるという事を考えた時に、あくまで生える、増えるという事に対して副作用はどうなっているのか?

続けていきたいと思っても、途中で断念をしなければいけないようなことは無いのか?

こうしたポイントを実際に医療現場で10年以上在籍した経験者がご案内しております。

AGA注射で副作用は少ない

AGA注射で副作用は少ない
これまでに私自身も毛髪再生療法を実際に受けた訳ではない。

しかし、300名以上の患者様の症例をこの目で治療前から治療後の数年後に至るまでの経過を見届けてきました。

HARG療法

ヘアメソセラピー

このほかにもbenevなど様々な注入する療法に通院されている患者様の料金の支払い後に感じた反応。

この答えには、副作用と呼べる部分の悩みはなかったように感じる。

AGA注射副作用と勘違い

AGA注射副作用と勘違い
AGA注射を受ける時、あくまで薬の処方も受けている人は多い。

  • プロペシアやフィナステリド錠といった男性ホルモン抑制による抜け毛治療薬。
  • ザガーロ、デュタステリド錠による育毛促進効果。
  • ミノキシジルなどの育毛剤処方
  • 育毛や美容向けシャンプーの使用

ただ単に毛髪再生の施術治療を受けるだけでなく、その働きをフォローするために必要な効果を併用することも多い。

最低でも半年程度の服用や使用をしていることで働きを期待されていることも多い。

しっかり体に働きかけて、継続する前の少しでも変化を実感して、その後の作用への安心を届ける。

しかし、個の期間にミノキシジルの副作用などの影響により、以下のような変化も考えられる。

抜け毛の増加

塗り薬の使用によりかゆみの発生。

こうした内容を経験した時、自分の髪のケアが曖昧なことが原因であったとしても、まずは自分の環境の変化から疑う気持ちを抱く人も多い。

結果的に、副作用があったという治療の影響と思い込んでしまう疑念を抱いてる人もいるのが現実。

しかし、こうした内容は、基本的には治療として入っているのが、栄養や使うのも成長因子であることから、ほとんど害となっている様子は現場では見受けられない。

厳選クリニック5院