大阪梅田の評判の良いAGA・薄毛治療クリニックはココ!

aga薬で副作用なしを最初に選ぶのは可能?

2019/02/01

男性型脱毛症を改善するために薬を使った方が良いと考える人も増えた。

しかし、薬を日常生活でほとんど飲んでいない人からしたら、副作用という言葉が出てくるタイプは心配が多い。

aga治療薬の中には、以下のような副作用が出てくることも多い。

むくみが出る。

太る

体毛増加

肝臓への負担

このような内容は自分が使用してもやはり起こるのか?

髪の毛を回復させたいだけで、別に他の悩みを抱える事を望んでいるわけではない。

しかし、このような情報を見ても、最初からすべての可能性を回避する方法は正直言ってないというのが現実。

実際に医療現場で10年以上在籍し、患者様のaga治療期間中のサポートもしてきた経験者が解説しています。

aga薬の副作用なしはあくまで投与後確認

 

aga治療薬には以下のようなタイプが採用されているクリニックが多い。

フィナステリド錠(プロペシア、ジェネリック)

デュタステリド錠(ザガーロ)

ミノキシジル(リアップ、ロゲイン、カークランド、ミノキシジルタブレット)

このような医薬品を使用して、対処をしている事が多い。

もちろん、このほかにもミノキシジルの成分を配合した医薬品の中には、種類が豊富になってきている。

このいずれを使用したとしても、全てに副作用が出てきたという意見は私が現場で見てきた限りではなかった。

しかし、いずれかのタイプの長期服用をしていく前の段階で最初の頃に以下のような声を聴いたことはあった。

初期脱毛の増加

体毛増加

このような感想を聞くのは、主にミノキシジルによる育毛効果が他の体毛にも作用をしているケースがあった。

しかし、最初からその可能性が事前の問診表などの情報から推測が出来るのか?

この答えは非常に難しいというのが現実だった。

結果的に、aga治療薬の副作用を未然に予測するというのは難しいともいえる。

aga治療薬副作用は対処が大切

最初に確認が出来た時からの変化の観察がとても大切になります。

服用開始から何日目で発症を確認できたのか?

その症状は日増しに悪化したのか、軽減したのか?

次の来院までの期間でどのような変化をしてきたのか?

このような情報により、その後の薬の継続や分量減少などの対処がクリニックから指示をされる事が多い。

よって、一過性である可能性も考えて、全ての副作用がないと前提とされる薬を選ぶというの考え方は最初は捨て去ることが大切。

もう1つ補足するなら、通販で購入した商品で起こった事をクリニックの処方薬にも疑念を持つのもちょっと違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

厳選クリニック5院