大阪梅田の評判の良いAGA・薄毛治療クリニックはココ!

aga薬の副作用はいつから発症するのか?

2019/02/01

aga治療薬を開始したいと思っている人にも色々な悩みがある。

金銭的な負担。

継続する事への精神的な負担。

併用する薬の種類や服用方法。

副作用の有無

この中でも男性が心配している事が多いのが副作用。

実際に医療現場で10年以上患者様のサポート業務を行ってきた担当者が解説していきます。

aga薬の副作用はいつから?

 

あくまで副作用が出る可能性は、高いという事ではありません。

しかし、この発症時期というのも個人差があるのが現実です。

私が現場で見ていてとても分かりやすかった内容をご紹介していきます。

aga薬使用後1ヶ月以内に変化

特にわかりやすかったのは、ミノキシジル成分を配合した医薬品による変化。

いかのような変化がとても分かりやすかった。

抜け毛の量が増えた気がする。

手、脚、腕など関係ない部分の体毛が増えた。

このような体毛増加や初期脱毛と言った症状を訴えかける患者様がいたのは現実だった。

しかし、こうした変化も一時的。

おおよそ服用開始から、2週間前後から始まって、1ヶ月半程度で落ち着いてきた。

このような変化をした後、落ち着きを取り戻してからは、継続をしても基本とする薬の効果が現れ始めたという声があった。

全く出ないという事もある

副作用って何だったの?

何も別に異変や違和感を感じなかったのは異常?

こんな質問を投げかける患者様もいました。

副作用がない人には、本当になにも感じない。

結果的に、自分が心配になっていた事も精神的な要因で副作用の発症率を高めてしまうこともあるのが薬。

やはり、自分の気持ちとしてもあまり心配し過ぎないことも大切なのかもしれない。

まずはきちんと副作用は起こったことを記録しておくことが大切。

発症日

具体的な変化

その変化が経過日数に伴いどう変化したのか?

この流れをきちんと自分で把握しておくことで軽減しているようであれば、その様子を含めて通院中のクリニックにきちんと申し出ておくことが大切。

何もなかった時に、またこの後に起こる可能性があるのかもしれない。

こんな形で考えてしまっていると、せっかく何もなかったという答えそのものを自分自身で否定的な思考にしてしまうことはもったいない。

きちんと、経過観察を自分自身でも行い、些細な変化も見逃さないようにしておく。

このように対処をしておくことで、結果的に重篤な副作用がない事が分かってくれば、継続することにもストレスが軽減されていくはず。

自分の体を客観的に観察する習慣をつけておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

厳選クリニック5院