大阪梅田の評判の良いAGA・薄毛治療クリニックはココ!

aga薬はいつまで続けるべき?

2019/01/31

agaの治療に取り組む覚悟はできた。

しかし、薬を継続するというのは、精神的にも金銭的にもかなりの負担になる。

20代からagaの治療を受けている人は、結果的にいつまで続けるつもりで始めるのだろうか?

風邪薬やアレルギーなどの薬でなら、症状がなくなったら終了になる。

男性型脱毛症は進行性。

つまりは辞められないを前提としている。

だとしても辞められる人もいる可能性は?

こんな微かな希望を求める人には厳しい現実を現場で10年以上在籍した関係者が解説しています。

aga薬はいつまでの結論

 

薬は辞められない。

辞めたら、徐々に元に戻るだけ。

その間続けていたのが、1年でも4年でも10年でも関係ない。

薬の効果は、徐々に体内で消えていき、体質改善のような変化には繋がらない。

よくある勘違い

自分の体から男性ホルモンを減らすという働きが定着することが出来れば、薬は不要になるのではないのか?

このように考える人は非常に多かった。

しかし、その答えは現実として薬の効能によりコントロールされていたにすぎない。

つまりは、薬なくしてその体のコントロールは出来ていなかったという事になる。

徐々に効能が体から消えていく。

そうすれば、抜け毛も育毛効果も減少していく。

つまりは元に戻るという事につながっていく。

aga薬をいつまで続けるべきか?

aga治療薬を継続する期間は本人次第だ。

30歳、40歳、50歳など年齢的に目安を持つ人もいる。

結婚して子供が生まれるまでという人もいる。

いろいろ自分がもう少し髪の毛を回復させておきたいと思う時間のリミットがあるように感じた。

この考え方があるなら、まずはその年齢になるまでは毎日決められた分量を継続することが大切。

辞めるのも自由。

しかし、元に戻るのは必然。

この未来の現実を自分自身が受け入れる勇気がない時には安易にやめるタイミングを考えながらのaga治療はかえって自分を精神的に苦しめるかもしれない。

経済的理由の離脱者

いくら自分の髪の毛のための薬といっても、やはり継続するにはお金がかかる。

治療費を毎月又は数ヶ月に1回通院しながら続けることはなかなか大変なこと。

結果的に、結婚した後や子どもが生まれた後には家計の問題で辞めてしまうという事も普通にあると思います。

自分がいつまで禿げる事にあらがう気があるのか?

これが、最終的に自分の限界を決めるポイントになると思います。

現実を受け入れようと思うなら、何もしないのも1つの選択肢ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

厳選クリニック5院