大阪梅田の評判の良いAGA・薄毛治療クリニックはココ!

AGA注射後酒飲むとどうなる?現場経験者が解説

2019/01/18

AGA注射後酒飲むとどうなる現場経験者が解説
髪の毛がもっと増えて欲しい。

プロペシア、ザガーロ、ミノキシジルの処方薬だけでは効果が限界かもしれない。

もっとしっかり髪が増える治療をしたい。

大阪梅田エリアで髪の毛の発毛育毛を期待している男性の中には、長年薬を飲み続けていてもなかなか自分の理想の毛量にたどり着けない状態に悩んでいる人も多いはず。

近年は、専門クリニックの中でも毛髪再生治療として、HARG療法やヘアメソセラピーなどの治療提供をしている場所も増えてきた。

でもいつもは薬だけだったのに、注射などを行うと普段晩酌や飲み会などに参加することが多い人にとってはこんな疑問も抱きやすい。

「お酒は注射をしたら飲めないの?」

実際に医療現場で患者さんのアフターフォローまで対応をしてきた経験者が解説しています。

AGA注射治療とお酒の関係

AGA注射治療とお酒の関係
お酒を飲むと何がAGAの注射に対して良くないのか?

この点を簡単に伝えていきたいと思います。

以下のようなポイントがあります。

  • 体がむくみやすい状態になりやすい
  • 出血をしやすい状態になる(血が滲む程度)
  • 針を使う場合は、傷の治りの遅れを心配する

このような内容が、血行促進の効果があるために懸念されているのです。

しかし、アルコールを飲まない人でも多少痛みや違和感を感じる人はいます。

さらに、滲む程度の出血が注射針を使用することから、当然数時間の間は怒る可能性もある。

これは、腕や手、顔など体のどこの部位に注射をする場合にも同じことが言えるのです。

つまりは、体のむくみや血液循環促進による経過の遅れを懸念することが一般の治療と同じように注意されていることが多いのです。

飲まない方が無難の中での生活注意点

飲まない方が無難の中での生活注意点
しかし、会社の付き合いや忘年会、新年会など接待が多い日常を過ごしている人にとっては、お酒を飲むのはいつもの生活の一部。

このような時には、あくまで自分の髪の悩みも気になる事が重なっているとなると、やはり工夫が必要になります。

治療を受けるサイクルに従って予定を調整する。

アルコール摂取量を可能な限り当日から指示のある日数は調整する。

この努力は最低限治療を依頼する上でクリニックからの治療後の注意事項として説明を受けている場合は、患者さんにも守るべき問題。

自分のやりたいことは貫くが、お金は払ったから結果は欲しい。

このような考え方ではなかなか歩み寄りができないこともありますよね!

やはり治療を受けるという事には、どんな内容にも小さな制限があります。

厳選クリニック5院