大阪梅田の評判の良いAGA・薄毛治療クリニックはココ!

ミノキシジル内服外用併用どれがいい?

2019/01/23

育毛、増毛、発毛を期待したい。

男性でもAGAの症状に対しての改善対策として、髪を増やす、伸ばすという事を意識している人の多くが注目するミノキシジル。

しかし、ミノキシジルには、さまざまな薬のタイプがある。

内服とは、飲み薬の事を意味する。

外用とは、塗り薬の事を意味する。

併用というのは、2つ以上の種類を同時に使用することを意味する。

もちろん併用することも可能。

しかし、最初から併用したらどうなるのか?

内服から?外用から?

この答えは、専門のクリニックでも患者様の希望に合わせて処方を行いますという回答が出る事もある。

どちらの方が効くのか?

この答えは一概に質問をいただいた患者様自身に対して、使用前から断定することは難しいのも現実です。

副作用でも同様です。

もちろん、データからの可能性だけの話では副作用なども10%に満たないような状況。

しかし、これから使用する方に必ず大丈夫ということはお伝えしにくいのも現実なのです。

そこで、患者様自身がどんな視点でまず自分で使いたいと思う対象を決めるのか?

この時に現場でよくある選び方の選択方法をご紹介していきます。

ミノキシジル内服外用併用の選択方法

ミノキシジル内服外用併用の選択方法
患者様の中には以下のような悩みをお持ちになるかたもいらっしゃいました。

外用薬を使ってかぶれやフケ、かゆみが出てしまうことが最も心配になる。

使用後の自分の髪が濡れた状態が気持ち悪いと感じるのが怖い。

あまり多くのものを頭皮につけるのは好きではない。

ヘアアレンジができる時代でもワックスなどを使用することが少なくなっていることも多いAGAの治療希望患者様の状態。

外用薬という塗るという行動やその後の濡れた感じに対して神経質になってしまうタイプの男性もいらっしゃいました。

このような場合はまずは内服から開始するのが良いと思います。

ミノキシジルタブレット副作用の心配

ミノキシジルタブレット副作用の心配
最近は、ミノキシジルの使用の中では、タブレットの方が、医療機関の中では広く浸透している傾向がありました。

外用薬は、ロゲイン以外にもリアップがある。

市販で使用して上手く機能しなかった。

このような人にとっては、外用薬に対して不安があるからこそ、内服を選ぶ。

しかし、内服での副作用としてむくみや体毛が増えるという事に対して、自分の毛が増える事を気にする男性もいます。

このような場合には、反対にまずは外用を試してみるという人もいました。

つまりは、内服外用いずれにしても多少の悩みがある。

その悩みと自分のストレスの度合いを考えて選ぶことが大切です。

厳選クリニック5院