大阪梅田の評判の良いAGA・薄毛治療クリニックはココ!

大阪梅田中央クリニック薄毛で発毛育毛には何を選ぶべき?

2019/01/21

大阪梅田中央クリニックで薄毛の無料カウンセリングを受けたい。

でも治療方法が多くて何を選ぶべきかわからない。

こんな悩みに、業界を10年以上現場で見てきた担当者が解説していきます。

大阪梅田中央クリニック薄毛治療の注目ポイント

大阪梅田中央クリニック薄毛治療の注目ポイント
大阪梅田中央クリニックで費用を抑えるために必要な視点は何か?

それは、発毛育毛の効果をどこまで期待するのか?

患者様が自分の今の状態からどんな改善を望んでいるのかが費用を選ぶ大きなポイントと言える。

実際に以下のような治療方法が選択可能になっている。

治療項目 費用
毛髪診断を含めた初診、再診料 無料
デュタステリド(アボルブ) 7000円
デュタステリド(ザガーロ) 8000円
フィナステリド(プロペシア) 7000円
フィナステリド(ジェネリック) 5000円
ルグゼバイブ 7000円
パントガール 7000円
パントスチン 10000円
ミノキシジル塗り薬 5000円又は7000円

飲み薬や塗り薬を併用することで改善を目指すのは、あくまで薬の効果の相性次第と言える。

抜け毛は止まったが、その後の発毛育毛がもっと効果がないとあまり費用を出している価値が感じられない。

こんな言葉を口にする可能性を考えているなら、きちんと、毛髪再生治療を検討する事が大切。

ハーグ療法は、1クールが6回となっている。

範囲により、48万、60万の費用が必要になります。

これはあくまで毛髪再生の注入治療のみの金額。

この金額に、薬の処方代がそれぞれの内容によって加算されます。

これだけの違いがあるというのは、何がそこまで違うのか?

毛髪再生治療と薬のみの違い

毛髪再生治療と薬のみの違い
大阪梅田エリアで男性型脱毛症治療を発毛育毛で検討している人には、毛髪再生と薬のみの治療法選びの悩みが多い。

結果的に以下のような違いがあることに注目する必要があります。

毛髪再生治療は、頭皮にじかに医師が注入の治療を行う。

成分は、AAPEというグロースファクター(成長因子)を用いる。

この成長因子という内容は、いかなる薬にも配合されていることはありません。

これが最大の差になるのです。

しかも塗り薬のような浸透をさせるタイプの物でもありません。

あくまで、地肌に直接注入をする方法を採用することで、皮膚の下に向かって毛髪が再生する働きを促す。

このような方法を選ぶ事で、薬ではできない部分の働きを期待できるのです。

きちんと、毛髪を増やす、生えるという状態にしたいと考えているなら、まずは毛髪再生治療のカウンセリングを受けてみる価値はあると思います。

厳選クリニック5院